救急救命士とは 救急救命士とは 救急救命士とは

救急救命士という職業をご存知ですか?

救急救命士という職業をご存知ですか?

急に誰かが倒れた、大怪我をした。
非常事態が起こると人はパニックになってしまいます。
そんな時、冷静に応急処置をし、必要があれば救急車に乗車しプレホスピタルケア
(病院前救護)を行うのが救急救命士です。
中でも「特定行為」と言われる救急救命処置ができる資格を全て保有している救急救命士を「認定救急救命士」と呼びます。


 
病院前救護のエキスパート 救急救命士 病院前救護のエキスパート 救急救命士
 

認定救急救命士とは

気管挿入や薬剤投与などの特定行為を行うことが出来るのは、有資格者の救急救命士のみ。

認定救急救命士

下記3つの資格を全て保持している救急救命士。「気管挿入」「アドレナリン投与」「ブドウ糖溶液投与」「心肺機能停止状態でない傷病者に対する静脈路確保」が出来る。AEDをすぐに使える状態で準備すること、適切に心肺蘇生法が行える医療スタッフの配置が大切です。

処置拡大認定

静脈路確保や点滴、血糖を測定しブドウ糖溶液の投与など行うことが出来る資格。

気管挿管認定

心肺停止状態の重度傷病者の気管内にチューブを挿入し確実な人工呼吸を行うこと が出来る資格。

薬剤認定

心肺機能停止状態でない傷病者に静脈路確保静脈路確保後、強力な強心剤(アドレナ リン)投与が行うことが出来る資格。

エムアテンドジャパンの強みは「経験値」
提供しているのは「安心感」?

提供しているのは「安心感」

擦り傷や打撲などの軽傷から、お酒の場所での酩酊。 また、真夏日のイベントでは熱中症など、常に一定の環境である病院と比べ、現場は刻々と状況が変わってきます。その都度緊急性の有無を判断し、観察、処置をしなければなりません。 こうした現場の判断で必要になってくるのがやはり経験なのです。私は長年救急車に乗務し、救急現場に携わってきました。
そして認定救急救命士という救命士の中でもトップの資格も持っております。万が一に備え、もし、その時がやってきてしまっても最善を尽くせる経験豊かな人間がそばにいる。 私がご提供しているのはその「安心感」です。

私たちの主な事業

アテンド
アテンド

アテンドとは「世話をすること」新型コロナウイルス感染症対策を専門的な視点でフルサポート。

view more

救急救護
救急救護

イベントやスポーツ大会の救護・救護所運営いたします。もしもの時に備え現場を医療面からサポート。

view more

救護教育
救護教育

新型コロナウイルス感染症対策の業種別ガイドラインに基づき適切な感染症対策の方法をレクチャー。

view more

その他のコンテンツ

COVID-19コロナ感染症対策
                               事例ギャラリー

事例ギャラリー

様々な現場に医療サポートを行う過去の事例のご紹介

                               スタッフ紹介

スタッフ紹介

様々な現場に医療サポートを行う過去 の事例のご紹介

                               よくある質問

よくある質問

現場で医療サポートの配置をご検討中 の方のお悩みにお答えいたします

                               救急救護をご検討中の方

救急救護をご検討中の方

現場で医療サポートの配置をご検討中 の方のお悩みにお答えいたします

ご注意ください!

医師以外(救急救命士、看護師等)の医療従事者が医療行為を行う際には、医療行為を行う救急救命士、看護師等に対し業務ごとに医師による管理体制を整える必要があります。救護業務(看護師派遣を含む)を受託する他の法人、個人等には医師による管理体制が整えられてない場合がありますので、ご依頼の際は必ずご確認下さい。また、医師による管理体制が整えていない場合において、救急救命士及び看護師等が行った医療行為は違法となり、ご依頼者様も含め罰則の対象となる可能性がありますのでご注意下さい。

お問い合わせフォーム

ご依頼・ご質問、スタッフ希望等のご連絡は、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。無料でお見積致します。

    所属・団体名
    ご担当者名
    ご担当者名(フリガナ)
    TEL
    FAX
    メールアドレス
    郵便番号
    ご住所
    お問い合わせ内容

    TOPへ
    ご検討中の方へ
    お問い合わせ
    MENU